MENU

コンビニATMでお金借りる方法!

突然お金が必要になってしまった場合、夜だったり週末の土曜日・日曜日や祝日でも借りられるの?プロミスのキャッシングサービスなら全国の提携コンビニATM24時間平日土日祝日だったとしても、お金借りることも可能です!

おすすめPICK UP!!

今すぐにお金が必要な場合・・・
即日融資も可能なのが大手のプロミスです

 

キャッシング 即日 土日

即日借り入れ可能な、実力ナンバーワンのサービスは!?
即日で借入可能なサービスはいろいろありますが、プロミスは、スマートフォンやパソコンから申し込んでから、最短1時間でお金を手にすることが可能です!他のキャッシングサービスと比べても、金利や申込み手順のやりやすさなど、融資スピード以外にも、実力ナンバーワンのプロミスで賢く借りるのがおすすめです。

 

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>

最短1時間融資!!
24時間土日祝日も申込可能!

わかりやすい3項目で3秒診断!!

 

◎→最短1時間で借りれるプロミス公式サイト

 

お財布の中身が寂しくなってきたとき、素早くお金を補充できるのがコンビニに設置されているATMの便利なところですね。

 

銀行の口座に必要なだけの残高があればいいですが、給料日前で残高がわずかというときには、困ってしまいます。

 

コンビニATMでも24時間キャッシングできる金融機関で借入ができるサービスはとても便利です。

 

コンビニのATMではそれぞれのキャッシングサービスからお金借りるだけでなく、返済も可能になっています。そのため、必要なだけ借りてすぐに返すということも手軽にできてしまうのです。

 

※プロミスは24時間借入申込み可能です

◎→借入可能か3秒診断でわかるプロミス公式サイトはこちら

 

 

 

 

ファミリーマート、ローソン、セブンイレブンでお金を借りれる

ATMコーナーの看板の画像

大手コンビニ3社(ファミリーマート、ローソン、セブンイレブン)は全国で多くの店舗を持つコンビニであり、それ以外のコンビニよりも多くの人が利用していることでしょう。

 

店舗数が多いことで、現在は近所だけでなく全国都道府県どこにいても大手コンビニのATMが利用できる状況にあります。コンビニキャッシングを利用する場合にも、大手コンビニのATMなら場所を選ぶことなくお金借りることが可能です。

 

大手ではマルチメディア機の設置やその他多彩なサービスもあり、利便性にも優れているため他の用事のついでにATMでキャッシングするという利用の方法もあるようです。

 

ただし、代表的なコンビニ3社はもちろんですが、それ以外のコンビニに設置されているATMを利用することでも、お金借りる方法の1つとなっています。(詳細→コンビニでお金借りることができる金融機関は?)

 

 

大手コンビニのATM利用可能なキャッシングサービス

わかりやすい3項目で3秒診断!!

◎→最短1時間で借りれるプロミス

 

 

金融機関からキャッシングできる大手コンビニのATM

現在、日本の大手コンビニであるセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートでは運営会社が銀行を持っている場合と持っていない場合があり、店舗内に設置されているATMも異なっています。(参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』コンビニATM

 

大手コンビニ3社で設置されているATM一覧

大手コンビニの名称 設置されているATM ATMの説明
セブンイレブン セブン銀行ATM 2001年4月に設立されたセブン&アイ・ホールディングス内の銀行ATM
ローソン ローソン銀行ATM 2018年10月に設立されたローソングループの銀行ATM
ファミリーマート イーネットATM

ゆうちょATM
BankTimeなど

大手の中で唯一銀行を持たないコンビニ、各銀行のATM管理を受託

このように大手コンビニに設置されているATMはそれぞれに違っていて、どのコンビニに足を運ぶかにより利用できるATMの種類が決まってくるのです。

 

 セブンイレブンATMとは?

全国で2万2千台を超えるATMを設置しているセブン銀行「金融ビッグバン」(参考サイト:金融庁HP「特集 大蔵省 金融システム改革(日本版ビッグバン)とは」による規制緩和が進む中、2001年4月に金融業界へ参入したセブン&アイ・ホールディングスが株式会社アイワイバンク銀行として設立した銀行です。(2005年11月に現在の「株式会社セブン銀行」へ商号を変更しました。)

 

セブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMでは、現金の預け入れや引き出し、振込み、残高照会、海外送金、さらには暗証番号変更や電子マネーへのチャージなども可能になっています。(以下の動画参照)

さらに便利になったセブン銀行ATMの機能

 

 

(出典:YouTube「セブン銀行ニュース ATMがさらに使いやすくなりました」

それだけでなく、セブン銀行ATMではローン(カードローン)の利用も可能であり、コンビニキャッシングが便利にできるようになっているのです。

 

セブン銀行ローンサービス(カードローン)の他にも消費者金融・大手銀行や地方銀行・ネット銀行だけでなく、クレジットカード会社からVISAカードやJCBカードなどでもお金借りることが可能になっています。
セブンイレブンでお金借りる方法の解説記事

 

 ローソン銀行ATMとは?

ローソン銀行とは、2016年11月に設立された「ローソンバンク設立準備株式会社」が、それまでローソンATMの運営管理を行っていたローソン・エイティエム・ネットワークスから事業を継承し、2018年10月に業務を開始した銀行です。ローソン銀行ATMは全国のローソンで約1万1千台が設置されています。

 

ATMの機能としては現金の預け入れや引き出し、振込み、残高照会、暗証番号変更が可能であり、さらにはローソン銀行以外の金融機関のカードであっても、カードローンやクレジットカードなどでのキャッシングは可能になっているのです。
ローソンでお金借りる方法の説明記事

 

コンビニATMでお金借りる方法!【令和元年度版】

 

 ファミリーマートのATMとは?

ファミリーマートはセブンイレブンやローソンとは違い、運営会社が銀行を持っていないコンビニです。そんなファミリーマートで多く設置されているのがイーネットのATMであり、コンビニだけでなくスーパーマーケット、ショッピングセンター、医療施設など多くの場所でも利用できるATMとなっています。

 

イーネットは銀行やコンビニなどの多くの企業が出資している会社であり、全国で1万3千台が設置されていると言われています。これは、ローソンの設置台数より少し多いということになるのです。

 

近年、ファミリーマートのATMでイーネットに次いで多くなっているのが、ゆうちょATMです。ゆうちょ銀行ATMは、基本的にam/pmからファミリーマートに転換した店舗に設置されているようです。

 

ただし、りそな銀行と提携しているBankTimeとの契約が終了したことで、主に旧サークルKサンクスで設置されていたBankTimeは順次ゆうちょATMに変更される流れになってきています。(参考:ファミリーマートHP「コンビニATM「バンクタイム」を「ゆうちょATM」へ置き換えます〜2019年1月以降、順次「ゆうちょATM」に生まれ変わります〜」)

ファミリーマートでゆうちょ銀行ATMが利用可能に!

(出典:ゆうちょ銀行「Family MartでゆうちょATMが使えます!」

ファミリーマートのATMでお金借りる場合に注意したいのが、BankTimeが設置されている店舗でのコンビニキャッシングです。イーネット、ゆうちょATMの場合には多くのキャッシングサービスから千円単位でお金を借りれますが、BankTimeの場合には楽天銀行やジャパンネット銀行といったネット銀行での取扱いはしていません。

 

設置されているATMが全店共通でないため、ファミリーマートでお金借りる際には使いたいカードがお店のATMに対応しているか確認する必要があります。
ファミリーマートATMでお金借りる方法の解説記事

 

コンビニでお金借りることができる金融機関は?

コンビニで金融機関からお金借りるためには、店舗内にATMがあることが必須となります。全国には小規模で地域限定のコンビニも合わせると意外にも多くのコンビニチェーンが存在しているようです。(参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

とは言え、地域限定の全国展開でないコンビニだと、商品の販売やクリーニングの受付、宅配便の取扱い、写真の印刷などのサービスのみであり、ATMの設置がないのが特徴となっています。

 

ATMのあるコンビニは全国で以下のお店だけとなるのです。

 

ATMのあるコンビニ一覧

ATMのあるコンビニ 運営会社
セブンイレブン セブン&アイ・ホールディングス
ローソン 三菱商事株式会社
ファミリーマート ユニー・ファミリーマートホールディングス
ミニストップ イオングループ
デイリーヤマザキ 山崎製パン株式会社
ニューデイズ 株式会社JR東日本リテールネット
セイコーマート 株式会社セコマ(札幌市)
ポプラ 株式会社ポプラ(広島市)
生活彩家(せいかつさいか) 株式会社ポプラ(広島市)
アンスリー 株式会社京阪ザ・ストア(大阪市)
サークルKサンクス ユニーグループ・ホールディングス
スリーエフ 株式会社スリーエフ
セーブオン 株式会社セーブオン

上記のコンビニであれば、ATMからお金借りることも可能です。ただし、コンビニATMの稼働時間はお店やそれぞれの金融機関により異なるため、借入先のホームページやコンビニに設置されているATMのWebサイトなどで確認する必要があります。

 

上記のコンビニからお金借りることができるのは、次のような金融機関です。

コンビニATMでお金借りれる金融機関

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融カードローン
  • 信販会社カードローン・クレジットカード会社キャッシング

 

コンビニATMで銀行からお金借りる

今は大手だけでなく、地方銀行やネット銀行のカードローンでも、キャッシングがセブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどイーネットATMがあるコンビニ、ゆうちょATMがあるコンビニなどからできるようになっています。

 

大手銀行では、三菱UFJ銀行の「バンクイック」が人気ですし、口座がなくてもカードローンでお金借りることができる三井住友銀行のカードローンも便利です。どちらも自動契約機が設置されていますので、申込した当日中にコンビニATMから即日融資を受けることも可能です。

 

新生銀行カードローンレイクや横浜銀行、北陸銀行、北海道銀行やその他の地方銀行でも、キャッシングはコンビニATMでも対応しているため、旅行先でお金が足りなくなった時にもカードがあれば安心ですよね。

 

楽天銀行やジャパンネット銀行、イオン銀行、セブン銀行、自分銀行などのネット銀行のカードローンの場合には、一部で利用できないATMもあるため、事前の確認が必要になります。

 

コンビニATMで消費者金融からお金借りる

消費者金融でコンビニATMからもお金借りれるのが、大手のキャッシングサービスです。街金やサラ金とも呼ばれている中堅消費者金融では振込みによる融資がほとんどですが、一部でコンビニキャッシング可能な所もあります。

コンビニATMでもお金借りることができる消費者金融

  • プロミス(セブンイレブン、ローソン、イーネットATMのあるコンビニ)
  • アコム(セブンイレブン、ローソン、イーネットATMのあるコンビニ)
  • アイフル(セブンイレブン、ローソン、イーネットATMのあるコンビニ、イオン銀行ATMのあるコンビニ)
  • SMBCモビット(セブンイレブン、ローソン、イーネットATMのあるコンビニ、ゆうちょATMのあるコンビニ)
  • ノーローン(セブンイレブン、ローソン、イーネットATMのあるコンビニ)
  • ライフティ(セブンイレブン)
  • ダイレクトワン(セブンイレブン、イーネットATMのあるコンビニ、ゆうちょATMのあるコンビニ)
  • セントラル(セブンイレブン)

 

イーネットATMのあるコンビニ
ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、ニューデイズ、セイコーマート、ポプラ、生活彩家、アンスリー、サークルKサンクス、スリーエフ、セーブオン

 

また、ファミリーマートにはゆうちょATMがある店舗もあり、ミニストップではイオン銀行ATMが設置されていることが多いです。ただし上記のコンビニでは、イーネットATMやローソン銀行ATM以外のATMが設置されている場合もありますので、事前の確認が必要です。

 

大手消費者金融であれば自動契約機を店舗内に設置しているので、即日発行したカードを使ってコンビニATMから即日融資でお金借りることもできますよ。

 

コンビニATMでクレジットカードからお金借りる

クレジットカード会社では、カードローンやキャッシングが利用できるようになっています。発行されたカードの利用限度額やキャッシング枠の範囲内であれば、何度でもコンビニキャッシングを利用することが可能です。

 

クレジットカードにはVISA・マスターカード・JCBという3つのブランドがあります。いずれのクレジットカードもATMに暗証番号や利用金額などを入力するだけの簡単操作で素早くコンビニキャッシングできるようになっているのです。

 

人気のクレジットカードには、オリコカードや三井住友VISAカード、楽天カード、エポスカード、イオンカード、OMCカードなどがあり、ゆうちょATMやセブン銀行ATM、ローソン銀行ATMやイーネットATMなどが店舗内に設置されていれば、クレジットカードからのキャッシングをコンビニでも行うことが可能です。

 

コンビニATMでお金借りることにはメリットがあればデメリットもある!

金融機関からの借入でコンビニキャッシングを利用するメリットにはどんなことがあるのでしょうか。

 

メリットがあればデメリットもあるもので、たとえ避けられないリスクがあるとしても例えばこのような理由があればコンビニでお金借りることを選ぶしかない場合もあるでしょう。

コンビニキャッシングしたい理由

  • 急ぎの用ですぐにお金が必要
  • 給料日前にクレジットカードの引き落としがある
  • 急な出張で経費の立て替えが必要
  • 携帯代や公共料金の支払いでお金が足りない
  • お金を使いすぎて給料日までの生活費が足りなくなった

 

コンビニATMのメリットはいつでもどこでもキャッシング可能なこと

コンビニATMは基本的に24時間利用可能です。そのため時間を気にせずにいつでも必要な時にお金借りることができます。出勤前や会社の昼休み、仕事帰りや夜中であっても急に必要になったお金をいつでも工面できるのは大きなメリットの1つですよね。

 

ただし、コンビニATMにはシステムメンテナンスの時間があるので注意しましょう。それぞれのATMでの定期的なメンテナンスがある上に、利用するキャッシングサービスでのメンテナンスもあるため、詳細は利用している金融機関のホームページで確認すると良いですよ。(コンビニATMの利用時間はこちらのページでも参考になります。→コンビニATMの利用時間

 

「コンビニなら家の近くに1軒くらいはある」という人は多いのではないでしょうか。近所にコンビニがあれば、金融機関までわざわざ足を運ぶことなくどこでも素早くキャッシングできます。利用したい金融機関が自宅の近くにあるような感覚になれますし、大きなメリットとも言えるでしょう。

 

また全国都道府県どこでもコンビニからお金借りれるため、現在の自分の居場所がどこであっても借入可能です。

 

コンビニATMでの借入や返済にかかる手数料がデメリット

いつでもどこでも時間や場所に関係なく便利にお金借りることができるのがコンビニATMからのキャッシングですが、借入と返済の時にかかる手数料には注意が必要です。

 

自社ATM以外の提携ATM利用する場合、金融機関によっては借入や返済でその都度ATM利用手数料がかかってしまう所もあります。

 

例えば、以下の三大メガバンクのカードローンや、消費者金融、クレジットカード会社でコンビニキャッシングや返済をしたい場合のATM手数料は以下の通りです。

各サービスごとのコンビニATMの利用手数料

  • 三井住友銀行カードローン:無料
  • 三菱UFJ銀行カードローン:無料
  • みずほ銀行カードローン:無料(月4回まで)
  • 横浜銀行カードローン:無料
  • 楽天銀行カードローン:無料
  • アコム:有料(108円〜216円)
  • アイフル:有料(108円〜216円)
  • 新生銀行グループ レイクALSA:無料
  • オリコカード:有料(108円〜216円)
  • 三井住友VISAカード:有料(108円〜216円)
  • イオンカード:有料(108円〜216円)

銀行カードローンではATM手数料無料となる場合が多いですが、みずほ銀行の場合には無料となるのが月4回までとなっているため要注意です。

 

消費者金融やクレジットカード会社の場合には、1万円以下の借入で108円、1万円超の場合には216円のATM手数料がかかってしまいます。借入や返済を繰り返す場合には、結果的にばかにならない金額になることもあるため、計画的な利用がおすすめです。

 

コンビニATMでキャッシングする時のやり方と限度額

初めてコンビニATMでお金借りる時にキャッシングのやり方が分からないと、何かと不安を感じてしまうことでしょう。

 

ATMの操作方法は銀行口座からお金をおろすより複雑なのか、取引開始から実際にATMから現金が出てくるまでに時間がかかるものなのかなど、経験がないと心配になることも多いですよね。

 

また、コンビニATMからいくらまでキャッシングできるのかも知りたいところでしょう。実際に、それぞれのコンビニATMには一度でキャッシングできる限度額が決まっているようです。

 

コンビニATMでお金借りる時のやり方とは?

コンビニATMでキャッシングする時の操作のやり方は、実は自分の銀行口座からお金をおろす時とさほど違いはありません。ATMから預金を引き出した経験のある方であれば、コンビニキャッシングのやり方も簡単に感じることでしょう。

コンビニATMでキャッシングする操作のやり方

  1. コンビニATMにキャッシングカードを入れる
  2. 取引画面が表示されるので、「取引開始」のボタンを選択する
  3. 暗証番号を入力する
  4. メニューから「借入」を選択する(クレジットカードの場合は「1回払い」か「リボ払い」を選択)
  5. 借入の金額を入力し、返済方法を選択する
  6. 現金を受取る(カードや利用明細書が出てくる)

上記のやり方であれば、コンビニATMからキャッシングするのとお金をおろすのと大した違いはないと言えますよね。ATMの操作にかかる時間にも違いがないため、仮に後に順番待ちの人が並んでいたとしても、特に意識することなくATM操作ができることでしょう。

 

それでも不安という場合には、以下でデモ体験してみると良いかもしれません。

コンビニATMキャッシングのデモ体験

(出典:楽天カードHP「国内ATMデモ体験」

 

コンビニATMでお金借りる時の限度額はいくらまで?

コンビニATMからお金借りる時、たとえば借入先から100万円を上限とした枠が設定されている人だと全額を一度にキャッシングすることはできません。それぞれのコンビニATMでは1回でキャッシングできる限度額が決まっているからです。

コンビニATMからお金借りる時の限度額(1回あたり)

  • セブン銀行ATM:50万円
  • ローソン銀行ATM:20万円
  • イーネットATM:20万円

コンビニATMから上記の金額を超えるキャッシングをする場合には、何回かに分割する必要があります。ただし、1日にキャッシングできる金額はそれぞれの金融機関によっても異なるので、事前の確認がおすすめです。

 

コンビニATMから千円単位でお金借りることはできる?

コンビニATMで借りられる限度額の上限はキャッシングサービスや利用するコンビニによりますが、限度額の下限については利用するキャッシングサービスにより違っています。

コンビニATMでキャッシングする場合の最低金額

  • 銀行カードローン:千円単位
  • 消費者金融:千円単位
  • クレジットカード:1万円単位

通常、コンビニに設置されているATMでは硬貨の取扱いができないため、お金借りる時の限度額の下限は千円となり、キャッシングも千円単位ということなります。銀行や消費者金融ではコンビニATMを利用する場合には、千円単位での借入が可能です。

 

一方、クレジットカードのキャッシングではコンビニATMから1万円単位でしか借入ができません。
クレジットカードでキャッシングを利用する場合には、借り過ぎに十分な注意が必要になります。

 

コンビニATMで便利にお金借りるまとめ

コンビニATMは家の近所だけでなく旅行先などにもあるため、急な出費に対応することも可能です。それでも今すぐお金借りたい時に、カードがお財布に入っていなければ利用はできませんね。

 

当たり前のことですがキャッシング用のカードはお財布にいつも入れておくことがおすすめとなります。

 

ただしコンビニATMから有意義にお金借りるには、以下のことも把握しておくことが大事ですよ。

コンビニATMでお金借りる前にチェック!

  • コンビニキャッシングのATM操作方法は、銀行預金を引き出す時のやり方とほぼ同じ
  • 借入先のコンビニATMの利用可能な時間の確認が必要
  • お金借りる金融機関によりATMの利用手数料がかかる場合もある
  • 銀行や消費者金融はコンビニATMから千円単位、クレジットカードは1万円単位で借入可能

コンビニATMでキャッシングする時のやり方は、銀行口座から預金を引き出す方法とほぼ同じです。カードローンやクレジットカードでお金借りる場合には、暗証番号が必要となりますので事前に確認しておきましょう。

 

簡単な操作でコンビニキャッシングが利用できますが、注意したいのはATMが稼動停止となるシステムメンテナンスの時間帯です。お金借りる金融機関のホームページでしっかりチェックしておく必要があります。

 

コンビニATMでは借入先により利用手数料がかかる場合もあるため、計画的な借入や返済が大切となるのです。
基本的に、コンビニATMは千円単位での借入が可能ですが、クレジットカードからのキャッシングでは1万円単位での利用となっているため借り過ぎには注意しましょう。