コンビニ お金借りる スリーエフ

MENU

スリーエフでお金借りる方法!

コンビニの便利さは、他のお店の比ではないと言っても過言ではないでしょうね。

 

コンビニに行けば生活に必要なモノは意外と置いてあるし、公共料金や税金の支払い・切手やハガキの購入までできるので、銀行や郵便局の代わりも果たしてくれています。

 

銀行や郵便局の代わりと言えば、コンビニATMが殆どの店舗に設置されているため、銀行や郵便局の口座からお金を引き出したり、入金することだってできるんですよね。

 

コンビニATMの役割はそれだけではなく、キャッシングにも利用できるようになっています。コンビニの1つであるスリーエフでも同様に、買い物ついでのキャッシングも可能になっているんです。
【参考:コンビニでのキャッシングは可能!スリーエフの場合を解説

 

スリーエフに設置されているイーネットは多くのサービスで利用できる

コンビニのスリーエフに設置されているATMはイーネットです。

 

イーネットATMでは、多くの銀行や消費者金融、クレジットカード会社や信販会社などの提携ATMとなっているため、多くのサービスの利用が可能になっているんです。イーネットとはイーネット株式会社が運営するコンビニATMですが、以下のような機能があることが特徴となっています。

スリーエフATMでできること

  • 銀行口座の入出金
  • キャッシュカードでの振込み
  • 残高照会
  • ローンカードによる取引
  • クレジットカードでのキャッシング
  • 暗証番号の変更

スリーエフにもあるイーネットは、銀行や消費者金融、クレジットカード会社などに直接足を運ばなくてもお金借りることのできるコンビニキャッシング可能なATMです。さらにはキャッシュカードを使って振込みができますし、残高照会や暗証番号の変更も可能です。

 

スリーエフでお金借りることができる金融機関は?

スリーエフでお金借りる場合、利用できる金融機関はとても多いです。

 

審査や借入までのスピードに優れているのが大手の消費者金融ですが、以下のキャッシングサービスでもスリーエフのATMは便利に利用できます。特に銀行のサービスは低金利である上にATM利用手数料が無料になることも多いため、メリットの多い金融機関と言えるでしょう。

 

スリーエフATMでキャッシングできる金融機関(一例)

金融機関の種類 金融機関名
銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)
ゆうちょ銀行カードローン(スルガ銀行したく)
楽天銀行カードローン(スーパーローン)
イオン銀行カードローン
新生銀行カードローン レイク
消費者金融 プロミス
アコム
SMBCモビット
アイフル
ノーローン
クレジットカード会社 エポスカード
オリコカード
楽天カード
セゾンカード

上記のように多くの金融機関が利用可能になっているため、スリーエフATMであれば、ほとんどの金融機関からお金借りることが可能ということができるのです。

 

便利なスリーエフのATMも利用不可となる時間がある

スリーエフのATMでは多くの金融機関からお金借りることができますが、それぞれのサービスにより利用不可となる時間帯があるのです。主にシステムメンテナンスの時間となりますが、その間はスリーエフが営業していても、また他の金融機関が利用可能であっても、それぞれに利用不可となる場合があります。

 

そのため、利用しているキャッシングサービスのATM利用時間を事前に確認しておく必要があるのです。

 

スリーエフは2018年1月にローソンと統合、一部閉店へ

横浜で生まれたスリーエフは神奈川県を中心に中堅コンビニ店として展開してきましたが、2017年5月に次のようなニュースが飛び交いました。

 

スリーエフはローソンとの共同店舗に

 

2018年1月、ある中堅コンビニチェーンが38年の歴史に幕を閉じることになる。

 

神奈川を中心にコンビニを展開するスリーエフは、今秋から1都3県で展開する348店のうち、281店を「ローソン・スリーエフ」ブランドに転換する。「スリーエフ」の単独ブランドは消滅し、残る65店は業績改善が見込めないと判断し閉店する。
(引用:東洋経済ONLINE「横浜生まれスリーエフ、「単独店消滅」の黄昏」

折からスリーエフは経営が赤字続きであり、2016年4月にローソンとの業務提携を決定したのです。しかし、業績は思うようには上がらず、スリーエフは単独ブランドの地位をあきらめてローソンとのダブルブランドにより、スリーエフの名前を残すことにしたのでした。

 

上記の東洋経済ONLINEの記事の通りに、2018年1月にスリーエフ店舗の大半を「ローソン・スリーエフ」ブランドに転換し、残りは閉店することになったのです。閉店となるのは、業績の改善を見込めないと判断された店舗です。

 

スリーエフの名前は残せませしたが、実質的にはローソンブランドの商品が大半であり、看板や制服もローソンのものであることから、将来的にスリーエフはローソンに取り込まれるだろうと見られています。