コンビニ お金借りる スリーエフ

MENU

スリーエフでお金借りる方法!

コンビニの便利さは、他のお店の比ではないと言っても過言ではないでしょうね。

 

コンビニに行けば生活に必要なモノは意外と置いてあるし、公共料金や税金の支払い・切手やハガキの購入までできるので、銀行や郵便局の代わりも果たしてくれています。

 

銀行や郵便局の代わりと言えば、コンビニATMが殆どの店舗に設置されているため、銀行や郵便局の口座からお金を引き出したり、入金することだってできるんですよね。

 

そしてコンビニATMの役割はそれだけではなく、キャッシングにも利用できるようになっています。コンビニの1つであるスリーエフでもそれは同じであり、買い物ついでのキャッシングも可能になっているんです。
【参考:コンビニでのキャッシングは可能!スリーエフの場合を解説

 

スリーエフに設置されているEnetは多くのサービスの利用も可

コンビニのスリーエフに設置されているATMはEnetであり、多くのサービスで利用できるようになっているんです。

 

Enet利用の用途には、4つ方法があります。

  • 銀行口座への入金
  • 銀行口座からの出金
  • キャッシングサービスから借入
  • キャッシングサービスへの返済

と4つの方法があります。
Enetでは多くの銀行や消費者金融、クレジットカード会社や信販会社などの提携ATMとなっているため、多くのサービスの利用が可能になっているんです。

 

スリーエフでお金借りることができる金融機関は?

スリーエフでお金借りる場合、利用できる金融機関はとても多いです。

 

審査や借入までのスピードに優れているのが大手の消費者金融ですが、以下のキャッシングサービスの利用にもスリーエフのATMは便利なんです。

  • プロミス
  • アコム
  • モビット
  • アイフル
  • ノーローン

 

また同じように以下のような銀行カードローンも場合によっては「ATM手数料無料」で利用可能です。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)
  • ゆうちょ銀行カードローン(スルガ銀行したく)
  • 楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)
  • イオン銀行カードローン(BIG)
  • 新生銀行カードローン レイク

 

同様に以下のようなクレジットカード・信販会社のキャッシングも可能です。

  • エポスカード
  • オリコカード
  • セゾンカード
  • 楽天カード

 

便利なスリーエフのATMも利用不可となる時間がある

スリーエフのATMでは多くの金融機関からお金借りることができますが、それぞれのサービスにより利用不可となる時間があるんです。

 

これは主にメンテナンスの時間となりますが、その間はスリーエフが営業していても、また他のサービスでは利用可能であっても、それぞれに利用不可となる時間があります。

 

そのため、ATM営業時間とは違うそれぞれのキャッシングサービスのATM利用可能時間を事前に確認しておく必要があるんです。